大きいサイズの服って可愛いものがなくて困ってる人はいませんか?
かわいいデザインを楽しみたいけど、身長や体型で泣く泣く不本意なものばかり
平日13時までのご注文で即日出荷 大きいサイズのレディース服専門ゴールドジャパン

着やせに挑戦!目の錯覚と色の効果でマイナス5キロも夢じゃない?

   2015/12/26

外国人モデル 服を選ぶ

同じ体型で、同じTシャツを着ても、合わせるボトムや小物によって、痩せて見える人と太って見える人がいます。その差を作っているのが、色の効果、ラインを利用した目の錯覚による着やせです。これらを上手に取り入れた着やせファッションを紹介します。

袖のふんわりとしたブラウスもおすすめ!

まず、トップスですが、丸えりやタートルネックは避けましょう。首が詰まった服は、顔を大きく見せてしまいます。Vネックなどの顔周りがすっきり見えるものがよいでしょう。痩せている方が、Vネックを着ると貧相に見えることがありますが、ぽっちゃりさんならセクシーに着こなせますよ。手首は、シャツなら袖をクルクル巻きましょう。袖のふんわりとしたブラウスもおすすめです。

柄は、大きい柄よりも小さい柄

袖の巻き上げやふんわりしたシルエットは、手首の細さを強調してくれます。柄は、大きい柄よりも小さい柄がよいでしょう。ボーダーは避けた方がよいですが、どうしても着たい場合は、幅の太い物より細い物の方が、目の錯覚で着やせ効果が生まれます。ボトムスは、ラインに気を付けて選びます。太ももがぴったりのものは、そこに視線が集中してしまうので、やめましょう。

スカートの場合は、裾がふんわりとした膝丈ぐらい

10分丈のパンツより、裾を軽く折り返して足首を出した7分丈パンツのほうが、足が細く長く見えます。スカートの場合は、裾がふんわりとした膝丈ぐらいのものがよいでしょう。実際のウェストより高い位置ではくと、足が長くみえます。

ロングスカートは、ぽっちゃりさんには野暮ったくみえてしまいますので、足に自信があれば思いきって出しましょう。トップスとボトムの色の組み合わせですが、全身を同じ色で統一するのは避けたほうがよいです。

一般的に寒色系の色に着やせ効果がありますが、トップスに紺を持ってきたら、ボトムは白にしたほうが、視線が濃い色に集まり、着やせしてみえます。膨張色と引き締め色を上手に組み合わせて、メリハリを作ることが大切です。また、洋服を組み合わせる際には、ラインも意識しましょう。

トップスは濃い色、下に膨張色で裾がふんわりとしたスカート

小柄な人は、背が高く見えるようにIラインを作ります。全身白のコーディネートの場合は、上に一枚黒色で長めのジレを羽織ります。ジレの隙間から除くTシャツの白色の部分がにIの字ができ、背が高く見えますよ。下半身がぽっちゃりした方には、Aラインがおすすめです。トップスは濃い色、下に膨張色で裾がふんわりとしたスカートを持ってくると、腰回りの太さを隠すことができます。

最後は、アクセサリーで目線を上に集めます。胸元にブローチを付けたり、首元にストールを巻けば、視線がそこに集中するので着やせが期待できます。色の効果と目の錯覚を利用して、マイナス5キロを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket