大きいサイズの服って可愛いものがなくて困ってる人はいませんか?
かわいいデザインを楽しみたいけど、身長や体型で泣く泣く不本意なものばかり
平日13時までのご注文で即日出荷 大きいサイズのレディース服専門ゴールドジャパン

大きなサイズの服を通販で買うメリット・デメリットとについて

   2017/05/29

大きなサイズの服を通販で買うメリット・デメリットとについて

大きいサイズ服を通信販売で買うメリット・デメリットは沢山あると思います。実際に買ってみて、見ていたものとは違う色の服が届いたとか、いざ着てみたら思っていたイメージと全然違い返品しなければならなくなったとかは良く聞く話しだと思います。

それでも、通信販売で大きいサイズ服を買うメリットはふくよかな人にしてみればとてもメリットが多いと思うのです。現在は、大きいサイズ服は店頭でも取り扱い店も増えて以前よりも選べる範囲はとても増えたと思いますが、地方には取り扱い店が少ないので探すのが大変だと思います。

しかし、どこに住んでいてもおしゃれをしたいと願望はあります。どんな時でもどんな体型でもおしゃれをしたい思いは誰にでも存在するんです。

そんな時に、自宅にいながら全国から注文できる通信販売を利用する他ありません。まず、メリットですが春夏秋冬の服が即時に届くしコーデもサイトに載っています。それを参考に購入するか考える事もできるのです。

サイズもLから上は10Lそれ以上までもあるので自分が着たい服は手に入ります。色も豊富に揃っていて好みの色を選ぶ事もできるので明るい色から地味な色まで選べます。また、通販は店が沢山あるので選択肢が増えて大きいサイズ服でも自分の着たい服が着られるというメリットが生まれます。

しかしながら、同時にデメリットも発生します。
最初に考えられるのはメリットで上げていたサイズです。
普段は、このサイズだから試着もできない状態で買うのでいつものサイズを買ってしまってサイズが合わなかったという事、この色が着たかったからと画面で見た色で買ったら実際に手にとるとイメージとは違う色だったなどがあります。

そうなると、手続きをして返品をする事となり二度手間で面倒です。
それでもメリット・デメリットを考えた時に、時間を使って実店舗で購入するか?時間を有効に使うため通販で購入するか?自分にとってどちらが、よりより事なのかを考えてメリットが大きい場合には通信販売もいいかなと思います。

追記
サイズ合わせは、ブランドよって違うので既製品で完璧にフィットする大きいサイズ服を探すのは難しいのかもしれません。大きいサイズ服を通販で購入する場合は、注文する前に着丈・肩幅・身幅・袖丈などを測って自分のサイズを知っておくとサイズ違いのリスクは減らすことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket