大きいサイズの服って可愛いものがなくて困ってる人はいませんか?
かわいいデザインを楽しみたいけど、身長や体型で泣く泣く不本意なものばかり
平日13時までのご注文で即日出荷 大きいサイズのレディース服専門ゴールドジャパン

大きいサイズ服を通販で購入する際の2つのリスクとは

   2017/03/09

大きいサイズ服を通販で購入する際の2つのリスク

3年ほど前から激太りし、もともと9号か11号サイズの洋服を着ていたのですが、ついに17号サイズがきついと感じるところまで太ってしまいました。百貨店等の大きいサイズ服のコーナーは17号くらいまでしか取り扱っていないことが多く、取り揃えの多い通販で洋服を買うことが多くなってきました。

しかし、通販で大きいサイズ服を買うことにはいくつかリスクがあります。まず一つ目のリスクは、試着ができないので実際に購入してもデザインによっては小さかったり大きかったりして交換、もしくは返品しなければならないことが多いことです。

体が大きくても人によって下半身太りの人と上半身太りの人では、上に着る服と下に着るスカートやズボンのサイズが異なります。そのため、体が大きい人ほど試着を大事にして、自分の体にぴったり合っているか、色や柄が自分の好みに合っているかなどきちんと確認してから購入する必要があります。

通販でカタログや写真で見るだけではモデルが素敵に着こなしている感じが、必ずしも自分にもそう見えるかといえば、着てみないとわからないことが多いです。二つ目のリスクは、ウェブからの通販で購入した際は店舗で購入した時よりポイントが多くついたりする場合もあって、一見特した感じがあります。

しかし、その購入方法に慣れてしまったら、欲しい服を通販で購入することが目的なのか、それともポイントがたくさんもらえるので得に欲しい服でもないがポイントがたくさん付与される期間だから、という理由で購入するのか、目的が本末転倒になってしまうことです。

ウェブでいろいろな洋服を見ていると、すべてが素敵に見えサイズが合えば自分にも必ず着こなせる、といった錯覚に陥ることがあります。店頭での購入の際には、必ず店員がコーデのアドバイスするためすぐ隣にやってきます。

ですのであれも、これもすぐ購入というわけにはいきません。財布と相談したり他のお客さんが試着しているのをみて、自分が思っていた感じの洋服とは違うことがわかったりして、衝動買いする可能性は低くなります。

大きいサイズ服は普通サイズの洋服に比べ生産数が少ないため、人気商品はすぐに売り切れてしまうことがあります。そういうこともあり、ウェブで気に入ったものがあれば即購入する、といった人も多いです。

しかし、洋服を大切に長く気に入って着るためにも手間がかかりますが、一度店舗で該当商品を実際に試着したり色やデザインを見てウェブで購入する方法が一番賢い買い方かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket